胸を大きくする 方法

誰にでも胸は大きく出来る!

誰にでも胸は大きく出来る!

 

女性なら、豊かなバストに憧れる方が多いのではないでしょうか。今までいろいろとお金をかけてきたけれど、なかなかバストアップできなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

バストアップと言えばやはり「豊胸手術」を思い浮かべる方が多いかもしれません。確かに根本的な解決にはなりますが、「手術」ですから勇気がいりますし、費用も掛かります。しかも豊胸手術の費用は決して安くはなく、数十万円〜百万円くらいかかると言われています。それを簡単に支払えるという方はさほど多くないのが現実です。
そのうえ、手術後にはしばらく安静にする必要があったりアフターケアが必要だったりもします。それを考えると、やはり誰にでも簡単に実行できるというわけではなさそうです。

 

下着でごまかすだけでは根本的な解決にはならないし、効果が出るのに時間がかかるサプリなどを利用するのも不安だし…もう諦めるしかないのかな、と思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
しかし、諦める必要はありません!効果的な胸を大きくするためにまだまだやってみるべきことが残っていますよ!

 

こちらでお話ししていく胸を大きくする方法は誰でも今すぐに、簡単に行えるものばかりですので是非試してみて下さい。
様々な情報を知り、その中からご自分に合った情報を取り入れてみることによって効果が出やすくなるのではないでしょうか。

胸を大きくする方法は?

バストのサイズをアップさせる可能性のある方法はさまざまあります。
その中でもこちらでは、「生活習慣」にまつわる話をしていきたいと思います。

 

胸を大きくしたい方はまず「睡眠」をしっかり取るようにしましょう。
バストアップと睡眠なんて関係があるの?

 

と思ってしまいがちですが、実は大ありなんです。

 

なぜなら、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は胸を肥大化させるのに欠かせないものだからです。ですからぜひ、質の良い眠りをしっかりと取りましょう。これは胸を大きくするのみならず美容や健康全般にも有効です。
寝る前には副交感神経を優位にするためにリラックスを心がけましょう。それにより、質の良い眠りが得られやすくなります。

 

また、リンパや血液の流れを悪くしてしまう「冷え」にも注意する必要があります。体が冷えることにより、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう可能性があります。

 

胸を大きくするには女性ホルモンはとても重要なものですから、ホルモンのバランスを崩さないようにすることはとても重要なのです。ビタミンCやビタミンEなどを多く含む抗酸化作用のある食品を摂り、カフェインや揚げ物、甘いものなどを控えることを心がけましょう。

 

あまり完璧を目指してストレスになってしまっては元も子もありませんから、少しずつ意識して改善できるようにしましょう。胸を大きくするのに良い生活習慣、悪い生活習慣を知っているだけでも違うはずです。

巨乳になると言われている「ツボ」は?

巨乳になると言われている「ツボ」は?

 

巨乳になると言われている「ツボ」は?

 

壇中(だんちゅう)

 

右、左の乳首を線で結んだ中心にあるツボ。押すと少し痛みを感じる場所が壇中です。
ここを3秒ほど、ゆっくりと力を強めながら押していきます。
その後、ゆっくりと力を抜きながら手を離します。
これを数回やってみましょう。

 

女性ホルモンの分泌を活発にしてくれるツボだと言われています。

 

 

乳根(にゅうこん)

 

乳頭より真下に指2本分くらいの場所にあるツボです。
この乳根をゆっくりと、3秒間ほど押していきます。
そしてゆっくり離しましょう。
これを数回繰り返します。

 

女性ホルモンの分泌を活発にしたり、リンパの流れを促進したりしてくれると言われています。
母乳の出も良くなると言われていますので、授乳中の方にもおすすめのツボです。

 

 

渕腋(えんえき)
乳頭から両脇に10cmほどの場所(わきの下)にあるツボ。押したときに少し痛いと感じるのが渕腋のツボです。
ここを両手で同時に、ゆっくりと親指を使って押していきます。

 

押すことによって血行が促進されると言われています。
乳房に栄養が行き渡りやすくなる、バストに張りが出るなどの効果が期待できますよ。

胸を大きくするのに効果が期待できる筋トレは?

乳房はほぼ脂肪でできている、と先ほどお話ししました。
それなら、筋トレをしてしまったら引き締まってしまってバストが小さくなってしまうのではないか、と思ってしまいますよね。

 

乳房の土台となる場所には「大胸筋」という筋肉があります。
この大胸筋を鍛えれば、胸を厚くすることが出来ますから、結果的に胸を大きくすることに繋がります。

 

胸のたるみを防止して上向きにしてくれる効果もあるようですから、ぜひ筋トレを取り入れてみましょう!
ただし、あまりやりすぎてしまうと筋肉が増えすぎて脂肪が燃焼しすぎてしまう可能性があるため注意してください。

 

プッシュアップ(腕立て伏せ)
腕立て伏せは、大胸筋を鍛えるのに効果が期待できます。
通常の腕立て伏せのやり方でかまいません。
腕は肩幅くらいに開くのが一般的ですが、腕を開く間隔を広くするほど、大胸筋を鍛える効果がアップするようです。

 

1セット10回程度を、1日に3〜4回行ってください。
やりすぎないように、3日に1回程度が望ましいでしょう。

 

胸の前で手を合わせる筋トレ
「バストアップの体操」と聞くと思い浮かべるのがこれですよね!
手を胸の前で拝むように合わせ、両方から力を入れるようにして押します。
20秒を1セットとし、1日に2〜3回行ってください。

 

一日おきくらいに行うのが望ましいでしょう。

 

 

胸を大きくするのに効果のあるブラジャーは?

 

矯正下着などは、胸を大きくするのに効果が期待できそうですよね。
脱いだら元に戻ってしまうというのはありますが、それでも付けているときはしっかりとバストアップしてきれいなボディラインを保ってくれるのが魅力です。

 

さらに最近では、「育乳ブラ」なるものまであるのです!
下着をつける時には、脇や背中の肉もバストに持ってくるという方も多いと思いますが、その状態を固定してバストを育ててくれるのが育乳ブラなのです。
これは期待が持てそうですよね!

 

実際に使った方からは、ずっと使っていたら谷間ができた、バストに張りが出たという声も多く聞かれているようです。

 

リーズナブルなものも販売されているようですので、気になる方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

また、胸を大きくするのに欠かせないのが「正しくブラジャーをつける」こと!
ブラジャーのつけ方とサイズはバストアップには欠かせない要素ですので、ぜひチェックしてください。

 

ブラジャーをつける時には少し前かがみになってカップにバストをおさめましょう。脇の方にある肉もしっかり寄せてカップに入れちゃいましょう。
ストラップの長さを調節して、垂れないようにしっかり上に引き上げます。
全体を見て、はみ出している部分が無いか確認しましょう。

 

ワイヤーが食い込んでいたり胸がつぶれてしまったりしている場合、痛いだけではなくサイズが合っていない可能性がありますよ。

 

一度サイズを見直して見ましょう。

胸を大きくするサプリ、クリームなどの効果は?

胸を大きくするサプリ、クリームなどの効果は?

 

胸を大きくするためのサプリメントやクリームなどもたくさん市販されていますよね。効果があるのかどうか気になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

まずサプリメントですが、女性ホルモンに効果があると言われる成分が含まれていることが多いでしょう。

 

ダイレクトに体に成分を取り入れられるというのは魅力ではありますが、女性ホルモンに効く成分と言うだけあって副作用の心配も否めません。

 

各社副作用が少なくなるように工夫をしているとは思いますが、成分が多く含まれるものの場合はやはり副作用が心配なケースもあるでしょう。

 

多くの方の口コミを参考にしてみる、実際に使用するときには様子を見ながら使用するなどしてみて下さい。

 

一方、バストアップクリームは表面から成分を取り入れるため副作用の心配が少ないとされています。その分即効性は望めないかもしれません。
バストアップクリームを選ぶ際には、脂肪を増やして蓄える作用があると言われている「ボルフィリン」入りのクリームに注目してみて下さい。
マッサージをしながら塗り込むと、より効果が期待できるでしょう。

 

サプリメントとクリームは、併用すると効果的だと言われています。体の内側、外側からアプローチし、効率よくバストアップをしたいものですね。

女性におすすめサイト